佐倉歯科口腔クリニックは歯と口腔の医療をする診療所です。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
歯科医療とはなにか
歯はなぜ抜かれてしまうのか
保険診療と自費診療の本当の違いは
歯科医院の選び方
専門医を考える
佐倉歯科お薦めの本

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
むし歯の治療
歯周病の治療
歯列矯正治療
顎機能不全症(顎関節症)の治療
予防歯科
良くかめる入れ歯

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
インプラント
審美歯科
PMTC
3Mix-MP療法
咬み合わせ治療
歯科治療Q&A

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
医院案内
院長コラム
歯科関係者の方へ
リンク集
お問い合わせ
個人情報の取り扱い

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック
                   院 長 コ ラ ム

佐倉歯科口腔クリニック  〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋2-19-1 TEL:048-645-5558 FAX:048-645-5481

DATE タイトル
2019/11/6 No344 マウスガードについて


 ラグビーのワールドカップも大成功で終わりました。日本代表の活躍でラグビーのにわかファンも増えたと言います。私もその一人かもしれません。

 ルールが難しくて見ていて今でも分からないことが多いのですが、ラグビーの面白さは少しわかってきたような気がします。 あれだけ激しくぶつかっていてよくケガをしないなといつも心配しながら見ていました。

 選手の中にはヘッドギヤーや肩パッドを入れている人もいましたが、それは少数派のようです。 ほとんどの選手が使用していたのがマウスガード(マウスピース)ではないでしょうか。

 スポーツ用のマススガードは、口の内部に装着することでスポーツによる衝撃から歯や歯ぐきや骨などのケガを防ぐ装着物です。ボクシングなどの格闘技、あるいはラグビーやアメリカンフットボールなど激しい衝突を伴うコンタクトスポーツで使用するものです。

 ラグビーは19歳までは義務化されています。成人は義務化されていないようですが、私がテレビで見ていた限りほとんどのラグビー選手が使用していたように見えました。

 野球、バスケットボール、サッカーなどでも使用されることがあるほか、スノーボードなどウィンタースポーツでも使用している選手がいるようです。

 義務化または一部義務化されているスポーツは以下のようです
 ボクシング・・・・・義務 赤いマウスガードはだめ
 空手・・・・・・・・義務 透明なものにかぎる
 ラグビー・・・・義務 U-13からU-19は義務
 アメリカンフットボール・・義務  白色や透明以外 レッド・ピンクものぞ
 く
 ラクロス・・義務 白色や透明以外の一見してわかる色
 ホッケー・・中学生・高校生義務

 具体的な効果をいくつか挙げてみます
 顎や口腔内の保護
 主要な効果の一つはマウスガードの装着による顎関節への衝撃緩和、
 歯、舌、口腔内の粘膜の保護。
 脳震盪の発生の抑制
 マウスガードを装着していることで、頭、顎、首の筋肉が固定され、衝突 
 時の脳への衝撃を緩和し、脳震盪の発生を抑制。
 心理的効果などです。

 マウスガードには市販品とオーダーのものがあります。
 市販品は、比較的廉価であり、自らで軽易に作成できることがメリットです。現在では熱湯(80度以上)につけることで柔らかくしたあと、口内に入れて噛み、個々人の歯型に合わせた形状にするタイプが一般的のようです。

 オーダーメイド品は、自分の競技に合わせて肉の厚さや噛み合わせ等を指定できるメリットがあります。最近は安く自分専用のマウスピースを成形することも可能になり、自分の歯形から成形されたマウスガードの使用者が増加しています。

また、オーダーメイド品の特徴として色を任意に配色できる点があります。少し費用は掛かりますが、歯科医院でオーダーメイドのマススガードを作ってもらったほうが口や顎のためにはいいと思います。スポーツをしている方は一度歯科医院で相談してみるといいかもしれません。

COPYRIGHT(C)2008 埼玉県さいたま市 佐倉歯科口腔クリニック ALL RIGHTS RESERVED.