佐倉歯科口腔クリニックは歯と口腔の医療をする診療所です。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
歯科医療とはなにか
歯はなぜ抜かれてしまうのか
保険診療と自費診療の本当の違いは
歯科医院の選び方
専門医を考える
佐倉歯科お薦めの本

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
むし歯の治療
歯周病の治療
歯列矯正治療
顎機能不全症(顎関節症)の治療
予防歯科
良くかめる入れ歯

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
インプラント
審美歯科
PMTC
3Mix-MP療法
咬み合わせ治療
歯科治療Q&A

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
医院案内
院長コラム
歯科関係者の方へ
リンク集
お問い合わせ
個人情報の取り扱い

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック
                   院 長 コ ラ ム

佐倉歯科口腔クリニック  〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋2-19-1 TEL:048-645-5558 FAX:048-645-5481

DATE タイトル
2018/8/10 No323 銀歯とレジン充填


 最近発刊された女性週刊誌に歯科治療を批判する記事が掲載されていました。

 記事の一部を紹介すると
 ―『歯医者の言うことばかり聞いていたら、一生悔やむ事態になりかねない。特に銀歯治療を繰り返すことで、歯はどんどん削られ、神経に感染が起きやすくなるという。とはいえ、多くの日本人が銀歯治療を受けている──。  
 銀歯しか治療の選択肢がないなら諦めもつく。しかし、1980年代には虫歯部分だけを削る「コンポジット・レジン修復」という治療法が、すでに確立されていた。

 歯の保存学を専門にする、長崎大・久保至誠准教授はこう指摘する。
 「レジンの強度は天然歯と同じか、少し弱いくらいなので、噛み合わせの時にレジンの方がすり減る。それによって、天然歯が守られます。堅牢な銀歯は、逆に天然歯を傷めてしまうこともあります。また、銀歯のように大きく削らなくて済むから、2〜3回の再治療があっても、抜髄することがない。それもレジンの利点です」

 ではなぜ、レジンの普及は進まなかったのか?
 理由の1つとして考えられるのが、歯医者が得る保険の診療報酬だ。銀歯よりレジンの方が圧倒的に安い。治療の一例では、銀歯=5680円に対してレジン=1540円。銀歯の方がレジンより、3.6倍も売り上げが大きいことになる。  

 そして、もう1つ考えられるのが、治療時間=手間。
 「銀歯なら、歯科医は歯型を取って模型を歯科技工士に渡せば、後の複雑な工程はすべてやってもらえます。レジン治療は、歯科医が約30分間つきっきりで作業しなければなりません。丁寧にやるほど採算が合わない赤字治療なのです」(東京医科歯科大学の田上順次副学長)』―

 この記事の著者の岩澤氏はジャーナリストであって、歯科医療については素人です。 その岩澤氏が記事や本を書く際に何を資料として書くのでしょうか。 専門的な論文を読みこなす能力があるとは思えません。 結局は大学や学会の先生への取材が、情報源なのでしょう。

 最初に断っておきたいのですが、保険で詰めている金属は銀色をしていますが、銀歯ではありません。

 正式には「歯科鋳造用12%金銀パラジウム合金」と言います。 組成・成分としては、金12%、パラジウム20%、とJIS規格(JIS適合品)で定められており、銀50%前後、銅20%前後、その他インジウムなど数%が含まれています。

 銀も50%含まれていますが、銀歯というのは正確ではありません。正確にはメタルインレーと言います。

 次に長崎大学の久保先生は臨床能力が著しく低いか、まったく臨床を行っていない歯科医師と思われます。久保先生が治療すると2〜3回の再治療が当たり前なのでしょう。

 私たち近代口腔科学研究会の会員が行っているむし歯の治療は、原則再治療はありません。再治療を前提としているようなレベルの低い治療を基準とすること自体が問題なのです。

 また、岩澤氏はレジンとメタルインレーの診療報酬を比較していますが、これも読者には誤解を与えます。
 メタルインレーの費用には、模型の費用、技工士さんの人件費、 金属の費用など諸々の費用が入っています。レジン充填の費用はわずかな材料の費用だけです。それらを考慮しないで単純に比較するとはどういうことでしょうか。

 最後に医科歯科大学の田上先生の発言ですが、これも事実とまったく違います。再治療なしのメタルインレーを入れるためには、レジン充填よりはるかにコストと時間がかかります。コストパフォーマンスは圧倒的にレジン充填のほうがいいのです。

 世界的にレジン充填が行われている一番の理由が経済的な問題なのです。

 岩澤氏は一部の大学の歯科医師の意見だけを参考にするのではなく、科学的に根拠のある論文を参考にしてもらいたいと思います。しかし、歯科医師でない岩澤氏にそれを期待するのは無理なことなのです。

COPYRIGHT(C)2008 埼玉県さいたま市 佐倉歯科口腔クリニック ALL RIGHTS RESERVED.