佐倉歯科口腔クリニックは歯と口腔の医療をする診療所です。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
歯科医療とはなにか
歯はなぜ抜かれてしまうのか
保険診療と自費診療の本当の違いは
歯科医院の選び方
専門医を考える
佐倉歯科お薦めの本

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
むし歯の治療
歯周病の治療
歯列矯正治療
顎機能不全症(顎関節症)の治療
予防歯科
良くかめる入れ歯

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
インプラント
審美歯科
PMTC
3Mix-MP療法
咬み合わせ治療
歯科治療Q&A

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
医院案内
院長コラム
歯科関係者の方へ
リンク集
お問い合わせ
個人情報の取り扱い

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック
                   歯の治療に不満の方へ

佐倉歯科口腔クリニック  〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋2-19-1 TEL:048-645-5558 FAX:048-645-5481

歯周病の治療

歯周病(歯周疾患)とは
・広義には歯周組織の病気は全て含みます

・一般的には「歯を支えている歯周組織が細菌によって破壊される病気」と理解してくだ
 さい。

歯周組織とは歯肉(歯ぐき)、歯槽骨(歯を支えている骨)、歯周靭帯(歯槽骨と歯の間
 を結んでいるもの)、セメンと質(歯の根の部分をおおっているもの)のことです。

歯と歯周組織
歯周組織とは、
・歯肉
・歯槽骨           の4つがあります。
・歯周靭帯(歯根膜)
・セメンと質

歯周病患者はどのくらいいるか
・一般的には信じられないかもしれませんが、成人だけに限っていえば、日本人の
 99%以上は歯周病患者だと考えてよいと思います。

・歯周病の治療を受けている人は全歯周病患者の1%にも満たないです。

・自然治癒する見込みのない歯周病という病気は放置されています。

・結果として歯周病のために抜かれてしまう歯が無数に見られるのも当然のことです。


一般的に考えなければならない歯周病は、

    ●歯肉炎
              この二つです
    ●歯周炎

歯肉炎とは
・歯と歯肉の境にプラックが付着していると歯肉に炎症が起こります。

・プラックが増えて炎症が進行すると歯肉は赤く腫れ、歯周ポケット(歯と歯肉が剥がれてしまった状態)になります。

・歯槽骨は吸収されていません。

・この時点で治療すれば完全に元の状態に戻ります。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

◇歯周炎になると
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院 ・歯周ポケットの増加
・簡単なことで出血
・歯周靭帯の破壊
・歯槽骨の吸収
・歯の動揺はない
・自覚症状はない

<歯周炎軽度>

◇歯周炎が進行すると
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院 ・歯槽骨の吸収が進む
・動揺が増す
・歯がぐらぐらしてくる
・膿が出てくる
・患者さんがおかしい思ったときは手遅れ

◇歯周病の進行による歯槽骨の吸収
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

歯周病は治らない病気か
・世間には「歯周病は治らない病気」という誤った常識が強固に存在しています。

・歯周病の「治療」ということで歯を抜かれてしまうという現実があります。

・その結果「歯周病が治らないから抜歯をすることになった」と感じてもおかしくありません。

▲このページの先頭に戻る。

【歯周病が治らないと思われているほかの理由】
・歯周病の治療を受けている人の大部分は「歯肉から血や膿が出る」とか「歯肉が腫れた」とか「歯肉が痛い」といったなんらかの症状を自覚してそれを」治療してもらうために通院しています。

・治療を受けると症状はなくなります。

・しかし、ほとんどの場合数ヵ月後あるいは数年後に再び同じような症状を自覚するようになります。

・結局治療がなんの役にもたたなかったことになってしまいます。

歯周病は治る
・歯周病の治療を「歯周病のさまざまな症状を取り除くこと」と考えるなら確かに歯周病は治りません。

・しかし、歯周病の治療とは「症状」だけでなくその「原因」も取り除き歯周組織を健康な状態にするという至極当たり前の考えを持つならば歯周病は必ず治ります。

・一般的に行われている歯周病治療はこのような認識が完全に欠如しているのです。

【歯周病の原因は何か】
・歯周病の原因はプラックです。
プラックというのは歯の表面にこびりついたバイ菌の塊のことで1グラムのプラック中には約2000億個のバイ菌がいるバイ菌が歯の表面にへばりついてしかもどんどん繁殖しているとき、そのようなバイ菌の群れをプラックと呼びます(プラックは日本語では歯垢と呼ばれています)

◇プラックとは
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

【歯周病を悪化させたり、治癒を遅らせる要因】
・喫煙・全身的疾患(糖尿病など)・不適切な食生活・ストレス・一部の内用薬(降圧剤の一部など)・かみ合わせの問題・適合の悪い修復物や入れ歯などがあります。

歯周病の治療
歯周病の治療は大きく分けると次の4つに分けられます。
●プラックコントロール ●ペリオドンタルデブライドメント ●歯周外科 ●メインテナンス

◇プラックコントロール
・狭義には患者によるブラッシングです。

・広義にはプラックに対する専門的な処置全てを含みます。
・身だしなみやエチケットとしてのブラッシングとは明らかに違うことを理解してください。

・歯周病の治療としてのブラッシングができなければ歯周病は絶対治りません。

・歯の表面からプラックを取り除いたり、プラックが形成されることを予防したり、歯の表面や歯と歯ぐきの境にプラックがないようにすることを「プラックコントロール」といいます。

・「プラックコントロール」は、う蝕や歯周病治療のために絶対的に必要な処置であると同時に予防でもあります。

・プラックとは食べかすではなく細菌の塊であることを忘れないことです。

・最近は歯科医院で歯科医師や歯科衛生士から歯の磨き方を学んだ人が増えてきました。

・しかし、大部分の歯科医院で行われている「歯磨きの指導」は歯の模型を使って 歯ブラシの使い方を教えるだけという場合が多いようです。

・歯ブラシをどのように握って、歯にどうあててどう動かせばよいかをいくら学んでも医療としてのブラッシングの能力は身につきません。

・医療としてのブラッシングを学ぼうと思ったら二度や三度歯科医院へ通えばいいというものではないし、ただ話を聞いていればいいというものではありません。

・医療としてのブラッシングのテクニックをおぼえ、それができるようになるまでにはかなりの日数が必要です。その間、清掃状態と歯周組織の状態のチェックを根気よ<く続ける歯科医院が本当にブラッシング指導のできる歯科医院です。

◇ペリオドンタル デブライドメント
基本的なデブライドメントには次のような処置があります。

・歯肉縁上、歯肉縁下のプラック除去。

・スケーリング(歯石除去)。

・ルートプレーニング(歯根面の滑沢化)。

 
 

▲このページの先頭に戻る。

【歯周外科手術】
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

【歯周病の治療】
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

メインテナンスとは
・歯周病管理においてメインテナンスはもっとも重要な段階のひとつです。
・治療が成功し歯周組織が健康な状態になった後に歯科医療従事者が行う処置で
す。
・健康な歯周組織を長期間維持するためには絶対必要な処置です。

【メインテナンスの内容】
@全身および口腔内の既往歴の更新
A診査
  ・頭頸部の口腔外診査
  ・歯の診査
  ・歯周組織の診査
B口腔衛生習慣の検討
  ・患者自身のブラッシングの確認
  ・歯科医療従事者による再指導
C再感染部位のルートデブライドメント
D細菌叢とバイオフィルムの除去
  ・露出歯面の研磨
  ・歯肉縁下のディプラッキング
E今後の疾患活動性のリスク評価
  ・次回のメインテナンスまでの間隔を決定

歯科医院をどう選ぶか
・一般に医者を選ぶ場合に最も重視する基準は「医療の質」つまり医者の能力です。
・「医療の質」は「通院の便利さ」や「愛想の良さ」に優先するはずです。
・歯科医療に関してはこれがほとんど問題にされないようです。
・いろいろな歯科医院で行われている歯科医療の質に大きな差がないと思われていることも理由の一つでしょう。

【歯科医師間の能力の差は大きい】
・歯科医療を苦痛や不自由を取り去るという観点からみた場合、歯科医療はあらゆる医療の中でもっとも簡単で単純な医療のであり、能力の差は出ないでしょう。
・しかし、歯科医療を口の中の病気を治して健康な状態にし、一生歯を抜かなくてすむようにすることと考えると決してやさしいことではありません。
・歯科医師の能力をこのような視点で評価した場合、歯科医師間にはかなり大きな能力の差があります。

【歯周病の治療ができる歯科医院とは】
・歯周病を治す能力以前に、歯周病の治療にほとんどの歯科医師は関心を持っていないと考えたほうがいいと思います。
・歯周病の治療について充分な時間をとり説明してくれる(少なくとも30分〜1時間は必要です)。
・ブラッシング指導に充分な時間と回数を取っていること(2〜3回の指導では話にならなりません。一回の指導時間も5分や10分ではまったく足りません)。
・歯科衛生士に歯周病の治療をすべてまかせていないこと。
・すぐかぶせたり、入れ歯をすぐに入れないこと。
・インプラントを勧めないこと。
・リコールとメインテナンスがしっかりしていること。
・最終的にはその歯科医院が歯周病の治療に熱心に取り組んでいることが感じ取れることが大切なことです。

▲このページの先頭に戻る。

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック

COPYRIGHT(C)2008 埼玉県さいたま市 佐倉歯科口腔クリニック ALL RIGHTS RESERVED.