佐倉歯科口腔クリニックは歯と口腔の医療をする診療所です。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
歯科医療とはなにか
歯はなぜ抜かれてしまうのか
保険診療と自費診療の本当の違いは
歯科医院の選び方
専門医を考える
佐倉歯科お薦めの本

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
むし歯の治療
歯周病の治療
歯列矯正治療
顎機能不全症(顎関節症)の治療
予防歯科
良くかめる入れ歯

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
インプラント
審美歯科
PMTC
3Mix-MP療法
咬み合わせ治療
歯科治療Q&A

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
医院案内
院長コラム
歯科関係者の方へ
リンク集
お問い合わせ
個人情報の取り扱い

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック
                   歯無しにならない話

佐倉歯科口腔クリニック 〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋2-19-1 TEL:048-645-5558 FAX:048-645-5481

歯はなぜ抜かれてしまうのか

どのくらい歯が抜かれているか
喪失歯所有率、1人平均喪失歯数の年次推移,性別(永久歯)

.
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

この表は平成11年度歯科疾患実態調査の結果の一部です。
厚生労働省は6年おきに調査を行っていますが、この調査結果から分かるように年々一人当たりの喪失歯数は増加しています。
 40年の間に平均寿命も延びているので一人当たりの喪失歯数が結果的に増えてしまうという意見もありますが、年齢が増しても喪失歯数が増えなければ一人当たりの平均喪失歯数も増えないはずです。
 ちなみに80〜84歳の1人平均の残っている歯は7.3本しかないという調査結果もあります。
 40年間に歯科医院の数はどんどん増え続けています。よほど山の中にでも行かなければ、歯科医院が無いということも今はありません。
 それなのになぜ今でも多数の歯が抜かれてしまうのでしょうか。

歯が少ない人ほど歯科医院に行っているという事実
 入れ歯を入れている患者さんに話を聞いてみると、残っている歯の数の少ない患者さんほど歯科医院に嫌というほどたくさん通院しています。
 その方に歯科医院に行くたびにどんどん口の中が健康になっていったという実感がありますか聞くと全員の方が行けば行くほど金属が増え、結果的に歯が抜かれていき入れ歯になってしまったと答えます。
 病気を治しているはずの歯科医院に通院すればするほど歯が無くなっていくというのはおかしな話です。
 たとえば外科に何年も通院していて手や足の指がどんどん少なくなっていったら、病気の治療をする能力がないことは分かると思いますが、歯に関しては皆さんあまりおかしいと思わないようです。

歯は病気で抜かれる
患者さんと話をしていますと、今でもかなりの方が年とともに歯は抜かれ、最後は入れ歯になっていくと考えているようです。
 しかし、「老衰」とか「よぼよぼだから」とか「年だから」といった理由で抜かれる歯は1本もありません。
 歯は年齢に関係なく、けがなど特別な場合を除き全て病気の結果抜かれるのです。
 ですから病気の治療をして病気が本当に治ってしまえば抜かれることはありません。
 今でも多数の歯が抜かれ年とともに残っている歯が少なくなるという事実、歯がない人ほど歯科医院に行っているという事実、そして歯は病気で抜かれるという事実、これらのことからもほとんどの歯科医院では病気の治療としての歯科医療が行われていないという現状が分かってもらえるのではないでしょうか。

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック

COPYRIGHT(C)2008 埼玉県さいたま市 佐倉歯科口腔クリニック ALL RIGHTS RESERVED.