佐倉歯科口腔クリニックは歯と口腔の医療をする診療所です。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
歯科医療とはなにか
歯はなぜ抜かれてしまうのか
保険診療と自費診療の本当の違いは
歯科医院の選び方
専門医を考える
佐倉歯科お薦めの本

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
むし歯の治療
歯周病の治療
歯列矯正治療
顎機能不全症(顎関節症)の治療
予防歯科
良くかめる入れ歯

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
インプラント
審美歯科
PMTC
3Mix-MP療法
咬み合わせ治療
歯科治療Q&A

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
医院案内
院長コラム
歯科関係者の方へ
リンク集
お問い合わせ
個人情報の取り扱い

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック
                   院 長 コ ラ ム

佐倉歯科口腔クリニック  〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋2-19-1 TEL:048-645-5558 FAX:048-645-5481

DATE タイトル
2021/9/1 No376 歯は老化では抜かれない


  先日送られてきた雑誌に「老化を制御する」という特集が載っていました。

 老化は高齢になればある程度は誰にでも起こる生理学的な現象です。 老化で起こる変化として認知機能の低下、老眼、筋力の低下、耳が遠くなる、骨密度の低下、肌の衰えなどといっしょに「歯の欠損」が入っていました。

  歯科医師として多くの高齢者を毎日のようにそして、同じ患者さんを何十年も見ていますと歯の欠損以外は年齢とともに低下していく傾向があることは認めざるを得ないと思います。

   歯はどうでしょうか。今でも年を取ると歯が無くなって入れ歯になると考えている患者さんが少なくありません。 それが現状だからです。

  80歳の日本人の平均残存歯数は13本位になりましたが、親知らずを除いて28本あった歯が15本抜かれてしまうわけですから、老化と考えてしまうのも仕方ないことかもしれません。 ではなぜ歯は抜かれてしまうのでしょうか、

  患者さんと話をしていますと、かなりの方が年とともに歯は抜かれ、最後は入れ歯になっていくと考えているようです。  

  しかし、「老衰」とか「よぼよぼだから」とか「年だから」といった理由で抜かれる歯は1本もありませんよねと話すとほとんどの患者さんが納得します。  

  歯は年齢に関係なく、けがなど特別な場合を除き全て病気の結果抜かれるのです。

  病気とはむし歯という病気がこじれたか、不適切なむし歯治療、放置された歯周病などがほとんです。  ですからむし歯と歯周病を本当に 治して再発を防げば歯は抜かれることはありません。  

  今でも多数の歯が抜かれ年とともに残っている歯が少なくなるという事実、歯がない人ほど歯科医院に行っているという事実、そして歯は病気で抜かれるという事実があります。

 これらのことからもほとんどの歯科医院では病気の治療としての歯科医療が行われていないという現状が分かってもらえるのではないでしょうか。

  当院に通院中の患者さんの中には86歳で車を運転して、卓球もして、デイサービスに車で行って麻雀をしているという患者さんもいます。 その方の残存歯数は26本で入れ歯はありません。歯周病もありません。

そういう86歳の方もいるのですから、歯の欠損を老化現象とすることはおかしいのではないでしょうか。

COPYRIGHT(C)2008 埼玉県さいたま市 佐倉歯科口腔クリニック ALL RIGHTS RESERVED.