佐倉歯科口腔クリニックは歯と口腔の医療をする診療所です。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
歯科医療とはなにか
歯はなぜ抜かれてしまうのか
保険診療と自費診療の本当の違いは
歯科医院の選び方
専門医を考える
佐倉歯科お薦めの本

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
むし歯の治療
歯周病の治療
歯列矯正治療
顎機能不全症(顎関節症)の治療
予防歯科
良くかめる入れ歯

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
インプラント
審美歯科
PMTC
3Mix-MP療法
咬み合わせ治療
歯科治療Q&A

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
医院案内
院長コラム
歯科関係者の方へ
リンク集
お問い合わせ
個人情報の取り扱い

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック
                   院 長 コ ラ ム

佐倉歯科口腔クリニック  〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋2-19-1 TEL:048-645-5558 FAX:048-645-5481

DATE タイトル
2021/4/5 No369 砂糖とむし歯の関係


 製糖メーカートップの三井製糖と、三菱商事子会社の大日本明治製糖が2021年4月に経営統合すると発表しました。 経営統合の理由はいくつかあるようですが、砂糖の消費が落ち込んでいることも大きな要因だと思われます。

 砂糖の消費量はダイエットやむし歯予防などの健康志向よび人口の減少、甘味需要の多様化、砂糖以外の甘味料の開発などのより年々減少しています。

 1人あたりの砂糖消費量を見ると40年以上減り続けており、1975年度で1人当たり年間25kg強であった砂糖の消費量は2018年度には1人あたり15kg強と、4割近くも減少しています。

 砂糖の摂取の仕方がむし歯の大きな原因になっていることは、よく知られています。砂糖を食べると、歯垢(プラック)の中に棲む細菌は砂糖(グルコ−ス、フルクト−スなどでも同様)を分解して酸に変え、その結果、歯垢のpHが低下します。

 歯垢のpHは、砂糖を食べると5以下になります。一方、歯の表面を覆うエナメル質はハイドロキシアパタイトとよばれるリン酸カルシウムでできています。これはpHが約5.5以下になると急激に溶け出します。

 このようにして歯が酸で溶かされることが、むし歯の直接の原因となります。

 むし歯と砂糖の関係は砂糖の摂取量には関係ありません。砂糖の入ったお菓子のようなものを食べる回数が大きく影響します。

 1週間に一回一度にたくさん甘いお菓子を食べた場合とちょっとずつ一日に何回も口にした場合とでは、同じ砂糖の摂取量でも回数が多いとリスクはとても高くなります。

 また、砂糖の入った食べ物を食べなければむし歯にならないかといいますと、そうではありません。

 実は、ご飯やパン、うどんなどの主成分であるでんぷんを食べても、歯垢の中で酸がつくられ、歯垢のpHは5まで下がってしまいます。これは、唾液の中のアミラーゼという酵素がでんぷんの一部を分解し、マルトースやグルコ−スなど歯垢中の細菌で分解される糖に変えてしまうためです。

 すなわち、ほとんどの人は食事の度に歯を溶かしていると考えられます。

 でんぷんを主成分として砂糖を含まない食品にはむし歯をおこす能力があるかどうかは、永い間、議論されてきました。しかし、最近の研究結果により、砂糖ほど強くないにしても、でんぷん製品にもむし歯をおこす能力あるとの結論に達しました。

 ですから、夜寝る前にポテトチップスを食べるようなことをするとむし歯をおこす危険が多くなります。

 そうは言ってもでんぷんと砂糖ではむし歯を作るリスクは全然違いますので、砂糖の摂取の仕方を考えることが一番重要なことには変わりません。

COPYRIGHT(C)2008 埼玉県さいたま市 佐倉歯科口腔クリニック ALL RIGHTS RESERVED.