佐倉歯科口腔クリニックは歯と口腔の医療をする診療所です。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
歯科医療とはなにか
歯はなぜ抜かれてしまうのか
保険診療と自費診療の本当の違いは
歯科医院の選び方
専門医を考える
佐倉歯科お薦めの本

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
むし歯の治療
歯周病の治療
歯列矯正治療
顎機能不全症(顎関節症)の治療
予防歯科
良くかめる入れ歯

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
インプラント
審美歯科
PMTC
3Mix-MP療法
咬み合わせ治療
歯科治療Q&A

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
医院案内
院長コラム
歯科関係者の方へ
リンク集
お問い合わせ
個人情報の取り扱い

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック
                   院 長 コ ラ ム

佐倉歯科口腔クリニック  〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋2-19-1 TEL:048-645-5558 FAX:048-645-5481

DATE タイトル
2017/11/23 No307 医師でも歯科医療はできる


 戦前は医師でもある条件を満たせば、全ての歯科医業を行うことができました。 例えば東京医科歯科大学の学長を務めた長尾優氏は東京帝国大学医学部を卒業した医師ですが、歯科専門の医師で当然義歯(入れ歯)なども作っていました。

 しかし、戦後はGHQの医療制度や教育制度の改革の影響だと思いますが、医師は歯科医業の全てができるわけではありません。それは当時の厚生省の出した以下の通達からも分かります。

 *医師法第17条による医業の範囲に関する件(昭和24年1月21日)(医発第61号)

 「医師法第17条の「医業」と歯科医師法第17条の「歯科医業」との関係に関し、若干疑義があるようであるが、抜歯、齲蝕の治療(充填の技術に関する行為を除く)歯肉疾患の治療、歯髄炎の治療等、所謂口腔外科に属する行為は、歯科医行為であると同時に医行為でもあり、従ってこれを業とすることは、医師法第17条に揚げる「医業」に該当するので、医師であれば、右の行為を当然なし得るものと解されるから右御諒承の上然るべく指導せられたい。」

 また、歯科医業を説明する厚生省通達としては次のようなものもあります。

 *昭和43年3月4日(医発261号)

 「歯科医業とは歯科医行為を業とすることであり、(中略)具体的には、抜歯、う歯(むし歯)の治療、口腔内注射、歯肉切開、印象採得、咬合採得、試適、装着および矯正治療の行為がこれに該当する」

 この二つの通達から分かることは、現在は医師の資格で歯冠修復、欠損補綴、歯列矯正この3つの歯科医業行為はできないということです。

 逆の言い方をするならば、それ以外の歯科医業行為は歯科医師の資格がなくても、医師の資格だけあれば、全てできてしまうのです。

 歯冠修復や欠損補綴や歯列矯正は医療行為でないので、医師の資格だけでやってはいけないのです。入れ歯を作ることしかやっていない歯科医師が自分のことを補綴医だと言ったり、矯正専門で開業している歯科医師が矯正医だと名乗ったりすることはおかしなことなのです。

 歯科医師がこのまま本当の歯科医療を行わないで、デンティストリー(歯大工仕事)だけしていると、将来的に歯科医師としての職権を取られてしまう日が来るかもしれません。

COPYRIGHT(C)2008 埼玉県さいたま市 佐倉歯科口腔クリニック ALL RIGHTS RESERVED.