佐倉歯科口腔クリニックは歯と口腔の医療をする診療所です。
むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
歯科医療とはなにか
歯はなぜ抜かれてしまうのか
保険診療と自費診療の本当の違いは
歯科医院の選び方
専門医を考える
佐倉歯科お薦めの本

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
むし歯の治療
歯周病の治療
歯列矯正治療
顎機能不全症(顎関節症)の治療
予防歯科
良くかめる入れ歯

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
インプラント
審美歯科
PMTC
3Mix-MP療法
咬み合わせ治療
歯科治療Q&A

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院
医院案内
院長コラム
歯科関係者の方へ
リンク集
お問い合わせ
個人情報の取り扱い

むし歯 歯周病 歯科医院 大宮 佐倉歯科医院

むし歯 歯周病 歯科クリニック 大宮 佐倉歯科口腔クリニック
                   院 長 コ ラ ム

佐倉歯科口腔クリニック  〒330-0856埼玉県さいたま市大宮区三橋2-19-1 TEL:048-645-5558 FAX:048-645-5481

DATE タイトル
2017/10/1 No303 歯磨きの目的とは


 週刊朝日に「間違いだらけの歯磨き」という記事が掲載されていました。

 副題には食後すぐの歯磨きは意味がない、歯磨きだけで落ちる汚れは6割、歯磨き剤は不要、歯周病を防いで健康寿命を延ばせという言葉が載っていました。 この副題で書かれていることはもっともなことだと思いますが、皆さんが何のために「歯磨き」をやっているかが問題なのです。

 一般的には、むし歯の予防とか歯周病の予防のために歯磨きをやっているという人が圧倒的に多いと思いますが、 私はブラッシングの目的をもっとはっきり分けて考える必要があると考えています。
 むし歯の予防のためのブラッシングも子供のむし歯予防と大人のむし歯を分けて考える必要があります。

 子どもむし歯は小窩裂溝といって、奥歯の噛む面の溝になっている部分と、隣接面の歯と歯の間が圧倒的に多いので、その部分のプラーク(細菌の塊)を除去する必要があります。隣接面のプラックを除去するためには歯ブラシを使用するよりフロスを使ったほうが適切だと思います。

 小窩裂溝の形態は複雑です。溝が深いような場合はブラシで完全にプラックを除去することはできませんので、溝を樹脂で埋めてしまう予防充填も必要だと思います。

 大人のむし歯は子供のむし歯と違い、むし歯ができやすいのは歯と歯ぐきの境目の根が出ている部分です。その根が出ている部分のプラックが除去できないとむし歯予防の効果はありません。

 歯周病の予防や治療のためには、歯肉溝と呼ばれる歯と歯ぐきの境目の溝の中のプラックを除去する必要があります。歯の表面をいくらこすっても歯周病の予防や治療にはなりません。

 歯の表面の着色を落とすためには、その目的に特化した歯磨剤を使って歯を磨いてもいいと思います。これはいわゆる歯磨きになると思いますが、着色しやすい人は、害がないように注意して行えば問題ありません。

 また、歯の根が出ている人のむし歯予防のための歯磨剤というのもあります。 歯の根のむし歯、根面う蝕と言いますが、これになると治療が難しくなる場合がありますので、プラック除去と同時に特別な歯磨剤を使用する必要があります。

 ブラッシングは大切ですが、ブラッシングだけでむし歯は予防できるわけではありません。 食生活などの生活習慣も気を付ける必要があることを覚えておいてください。  

COPYRIGHT(C)2008 埼玉県さいたま市 佐倉歯科口腔クリニック ALL RIGHTS RESERVED.